サロン経営の変化

美容業界全体が変化していく中でサロン経営も変化が必要になります。

一つは男女両方のお客さんを集めることです。男向けとされていた理容店でも顔の産毛剃りで女性客を収集したり、おしゃれ男子を美容店に来てもらうなど、男女どちらにも好まれるようなお店にすることで経営を安定させます。二つ目はお客さんに愛されるお店になることです。一度集めたお客さんからもう一度選ばれるお店にならなければ長期的に安定した経営は見込めません。そのtらめにはお客さん一人一人を知ることが大切になります。お客さんとのコミュニケーションを図り、親密度を高めて愛されるお店になりましょう。顧客カルテを作るだけでなくさらなる一工夫が必要です。三つめは新メニューを取り入れることです。売り上げアップのためには新しいメニューを導入する必要があります。マッサージ・エステ・ネイルなどもその一つです。お客さんの来店頻度を高めることにもなり、新しいお客さんに来てもらうきっかけにもなり、売り上げアップに貢献しています。四つ目は商売であることを忘れないことです。従業員はセールスマンです。従業員の働きが売り上げに直結します。そのために賞与制度を導入するのも一つの案です。五つ目は低コスト経営を心掛けることです。競争激化などにより価格を上げたり下げなければならなくなることもあると思います。そういった場合に備えて低コストで経営できる体制に整えることが肝心です。最も大きなコストは人件費なので給与制度を見直してみましょう。