自店の経営状況をすぐに知る

「損益計算書」とは、お店のある一定期間の収益と費用を出し、最終的にお店にどれだけの利益があったのかを表わす、美容室経営のいわば成績表のようなものです。毎月損益計算書を作成することでお庖がどういう状況であるのか、お金がどこにどのくらいかかっているのかということを明確に知ることができます。

多くの小規模美容室では伝票をそのまま税理士や会計事務所などに渡して損益計算書や貸借対照表を作成してもらっていると思います。この場合、作成される経営資料を目にするのが1ヶ月後などとなりがちですが、自店の経営状況はできるだけ早く把握しておく必要があります。

そこで、税金を支払うための税務上のものとは別に、最新の経営状況を把握するためにも自分で毎月作成することをおすすめします。面倒だと思う方もいるでしょうが、パソコンの表計算ソフトを使うと、とても簡単です。自分で毎月作成することをおすすめする理由は他にもあります。それは、自分で入力することでムダな出費を再認識することになり、結果として経費の見直しへとつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です