特別養子縁組の問題点

特別養子縁組の問題点として、この制度は永続性の意義が児童福祉法に触れられていなく、各地方自治体によって取り組みの格差がありあⅯス。養親への心理的負担が大きく法的に解決しなければならない問題が沢山あります。
•結果的に特別養子縁組に移行できないで、社会的養護に留まるケースが多いです。
日本では、まだまだ養子の概念が浸透しておらず 養親と子どもへの支援について法律でも規定されておらず、精神的負担感孤立感が大きい事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です