オープン・アドプション

オープン・アドプシヨンでは、育ての親と生みの親、それに養子本人が、基本的に関係を断つことなく、お互いに情報を伝え合いながら、子を育てていこうという試みです。

話し合い次第では、実親が養親家庭に「生みの親」として訪問することもあります。はっきりと関係を断っていた、これまでの「クローズド・アドプション」と違い、子どもには「自分は捨てられたのではない」という確信を、生みの親には、「あの子は、あの家できちんと育っているのだ」という安心感を、それぞれ与える方法となっています。

現在国際養子は何万人という数になっています。これだけの数の子どもがいる中で、「子供たちの民族性を切り捨てていいのか」という批判が出ます。

また、養親とうまく合わなかったり、虐待されて施設に連れて来られた子も実際にいます。

そうした現状があるため、斡旋団体が祖国訪問ツアーを組むなど、対応をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です